ダイエットをする時にはリバウンドの対策が必要不可欠

ダイエットを成功させるためには、リバウンドのメカニズムについて知っておくことが大事です。ダイエットがうまくいっても、リバウンド予防をないがしろにしていると、また太ってしまいます。ダイエット時にリバウンドが始まって、ダイエットをする前よりもかえって太ってしまったという経験を持つ方は多いのではないでしょうか。ダイエットの後にリバウンドをするというサイクルを繰り返し、ダイエットがしづらい体質になる人もいます。体重を減らしても、リバウンドしないようにしたいなら、ダイエットとリバウンドがどう関わっているかメカニズムを知りましょう。リバウンドが起きるのは、ホメオスタシスという働きを人の体が持っているためです。ホメオスタシスは、体温や血圧などを維持する機能です。この他に、リバウンドが起きるのはダイエットをしたことで筋肉量が減っていることや、レプチンの分泌量が減って満腹を感じにくくなっていることがあります。ホメオスタシスは、今の基礎代謝量、レプチン量、食事量に基づいて機能しており、その環境でちょうどいい体重になっています。食事によって摂取されるカロリーを上手く制御して、バランスを保っているので、体重増加によって肥満にならないよう防いでいるのです。しかし、ダイエットをすると人体を取り巻く環境が大きく変わります。それを元通りにしようとする働きが、リバウンドになります。短い期間で劇的な効果が上がるようなダイエットは身体への負荷になりますので、負荷を軽減しようと身体はリバウンドを起こします。リバウンド対策を意識したダイエットをする時には、身体に負担がかかりすぎないように、ゆっくりとしたペースで体重を落としていくことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です